響と誉
2つのデリシャス・ビーフを知多牛®から
知多牛®は、自信と誇りをもって「響」と「誉」の2ブランドを設定し、
皆様に美味しさを提供すると同時に、私たち生産者がブランド価値を提供することで、
より安心安全なデリシャスビーフをお届けするように取り組んでいます。
その先の美味しさへ、それが知多牛です。
笑顔のひろがるテーブルに「響」。
これが知多牛 ®のベーシック・ブランド。
響
「響」のネーミングが示すように、肉質はやわらかく、
国産牛ならではの甘みと絶妙のハーモニーを奏でます。
手頃な価格にして上質な味わいの知多牛 ®です。
知多牛 ®「響」HIBIKI
交雑種
肥育期間が出荷月齢22ヶ月齢以上で、かつ管内において1年以上
肥育された肉牛である事と定義された交雑種です。
味の特徴
ほど良くやわらかな肉質は、国産牛ならではの甘みを持ち、
手頃な価格にして味は上質!
“心に響く上質な味わい”をご堪能ください。
絶品の旨みを味わうとっておきの「誉」。
これぞ知多牛 ®のプレミアム・ブランド。
誉
やわらかな肉質と、ほど良い甘さの脂肪バランス。
口に入れた時の旨みの広がりも申し分なし!
「誉」のブランドネームにふさわしい知多牛 ®です。
知多和牛 ®「誉」HOMARE
黒毛和種
肥育期間が出荷月齢24ヶ月齢以上で、かつ管内において1年以上
肥育された肉牛である事と定義された黒毛和種です。
味の特徴
やわらかな肉質は、ほど良い甘さの脂肪をバランス良く持ち、
口に入れた食感は味の広がりも申し分なし!
まさしく“誉れ高き黒毛和牛の味わい”です。
肉質3等級以上
知多和牛「誉」は、肉質等級が「3等級」以上のものとされています。
格別な美味しさをご堪能ください。
この味、この価格、これぞブランド
この味、この価格、これぞブランド
知多牛®は、自信と誇りをもって「響」と「誉」の2ブランドを定義しています。
このブランドの定義は、消費者の皆様が安心してお求めいただける事はもちろん、
私たち生産者もブランド意識を共有することにより、安定した品質で提供することを目的にしています。
「味は贅沢に、価格は手頃に」それが知多牛のコンセプトです。
「味は贅沢に、価格は手頃に」それが知多牛のコンセプトです。
愛知県の南西、内海に囲まれた穏やかな知多の風土で、大切に育てられる知多牛 ®。
父は黒毛和種、母はホルスタイン種からうまれた知多牛 ®は、
柔らか な甘みのある肉質と味が特徴的なブランドビーフです。
出生から飼育記録、出荷まで生産者が一貫して管理され、
その目にみえる安全と、迅速で安全な流通ルートに のってお店に。
贅沢な味の国産牛を、お手頃な価格でご提供することに成功しました。
知多牛の美味しさの秘訣
生産者達の想い
「生産者の顔」ではなく「メッセージ」をお届けします
「知多牛、響」ってどんなブランド?
和牛ではなくて交雑種。 安全で安心して食べることのできる、美味しい牛肉です。 知多牛には指定の餌を使うとかの縛りはありません。それってブランドを維持するのは大変なのでは?と思うかもしれません。肉牛部会員それぞれが人任せにせず牛と向き合い、責任を持って良質で美味しい肉の追求をしているのです。和牛と違いA―5みたいなお肉は簡単にはできません。適度な霜降りとしっかりとした味わいの赤肉を是非とも堪能して頂きたいのです。 最大の強みは年間約二千五百頭もの出荷頭数です。主な出荷先の大阪市食肉市場ではいつでも買える「知多牛」として大変重宝されております。これだけ数の揃うブランドはなかなかありません。もっともっと「知多牛」を知ってもらい、国産牛としてではなく「知多牛」として食べて頂きたいのです。